デスクワークはデスワーク?【座り仕事が寿命を縮める】☆

f:id:marumenm18:20191220124722p:plain

今回は1日のうちに座っている時間が6時間を超えているという人にはぜひ読んでもらいたい

座りっぱなしが寿命を縮める!?

というお話

 

座り仕事の害って結構囁かれてますが、

・どのくらいのリスクなの?

・どうすれば回避できるの?

についてはまだまだ研究段階です。

座り仕事についての害が提唱されだしたのって2000年代になってからと、

歴史自体はかなり新しいんですね。

とはいえ座り仕事のデメリットを調べた研究もメチャクチャいっぱいあったりします。

 

私が脱座り仕事(ただし出来るだけ)を決めた理由はパレオな男のブログなので、

ここで紹介されていた論文なんかに目を通しながら座り仕事の害とその対策について紹介していこうと思います。

 

<座りっぱなしの害>

これについては論文が恐ろしい数出てきますが、

有名なものをいくつか…

 

・座り仕事は寿命を縮める

座りっぱなしの害について分かりやすいイラストで説明してくれているのが

https://www.dailyinfographic.com/sitting-down-is-killing-you-infographic

『座り仕事があなたを殺す』というインフォグラフィックで、

https://yuchrszk.blogspot.com/2014/02/blog-post_19.html

これをパレオさんが翻訳してくれています。

 

イラストが示すのは座り仕事が寿命を縮める理由で

・6時間の座り仕事が死亡リスクを40%上げる

・肥満のもとになる

などがデータとともに紹介され、

運動や正しい姿勢を呼びかける内容になっています。

 

・座りっぱなしはがんリスクを高める

日本国内でも、早稲田大学スポーツ科学学術院の岡浩一朗教授は

「座っている時間が長いほどがんの罹患リスクが高くなる。特に顕著なのは大腸がんと乳がんだ。座りすぎによって大腸がんは30%、乳がんは17%も罹患リスクが上がる」といっています。

 

・座り続けるとメンタルが悪化する

メンタルに与える悪影響も多数報告されています。

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1755296613000252

『メンタルヘルスと身体活動』 

発表:2013年

機関:タスマニア大学

 

 こちらでは、

 1日の座り時間が

 ・3時間未満は安心

 ・6時間以上はかなり危険

 という指標が出ています。

 危険なデスクワーカーや自宅ワーカーはかなり多そうですね。

 

https://www.eurekalert.org/pub_releases/2015-06/bc-iaa061615.php

『座ることに関連する不安の増加』

発表:2015年

機関:ディーキン大学

 

 こちらは過去の研究9個を統計処理したもので、

 座り時間が増えれば増えるほどメンタルの状態は悪化していくようです。

 また

  ①座り過ぎでカロリー消費が減る

 →②全体的に活力がなくなる

 →③メンタルが沈んでいく

 →④座る時間が増えていく

 →①に戻る

 という悪循環についても指摘されていました。

 

<日本人は座りすぎ?>

 シドニー大学の研究者たちが世界20カ国の成人を対象に、

平均座位時間を調査した結果

日本人が最長で1日420分=7時間

であると分かりました。

うーん、日本人のうつ病発生率や自殺が多い理由を垣間見た気がしますね…

これについては先程も出ました岡浩一朗教授が自身の著書で説明されています。

日本人は座り仕事のリスクについてもう少し敏感になったほうがいいのかもしれませんね。

 

<運動しても相殺できない?>

 この座りすぎリスクに関しては

運動で解消できるものもあれば、座り時間を減らすしかないものもあるようです。

また、運動量によっても見解はやや幅広いと言えます。

 

 http://pressroom.cancer.org/ShuvalSedentary

 こちらの研究では

・座り過ぎによる血圧や体脂肪率の上昇はエクササイズで防げる。

・しかし、中性脂肪や悪玉コレステロールの増加は防げない。

というような結果が出ていました。

やはり運動自体はとても大切だと分かります。

 

運動と座り仕事と健康の関係を調べた研究で

http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736%2816%2930370-1/fulltext

『身体活動は、座位時間と死亡率との有害な関係性を弱めるのか』

発表:2016年

データ数:100万以上

ケンブリッジ大学からかなり信憑性の高いメタ分析が出ています。

現時点でこれ以上に信憑性が高い研究はないのではないでしょうか?

 

普段ほとんど運動しない人は

・座り時間が1日4時間を超え出してから早死リスクが高まっていく

・座り時間が1日8時間を超えると4時間の人に比べて死亡率が27%高くなる

・座ってのテレビ視聴時間が1日5時間以上だと、

 1時間の人に比べて死亡率が5倍も上がる

 

デスクワークが1日4時間以上の人でも

・早歩き程度の適切な運動を1日60~75分行えば死亡率は59%下がる

 

忙しい現代人に1日1時間の運動は

なかなか大変ですね…

帰りの電車は途中で降りて1~2駅分歩く

みたいなのが出来る人はチャレンジしてもいいかも・・・

 

また、座り過ぎによるメンタルの悪化については、

エクササイズを行っても回復しない

という結果が出ており、

やはり

座りすぎのデメリットを減らす方法

を考えていく方がよさそうです。

 

<意識的に休憩しよう>

悪いのは座ることではなく、座り続けることですので、

意識的に座っている状態を中断させることが大切です。

30分~1時間に1度はトイレに行ったり外の空気を吸ったりするなど、

休憩を取るようにしましょう。

休憩時間の目安ですが、

・30分に1回の休みは3分

・1時間に1回の休みは5分

ほど取るようにしましょう。

その間立つか体を動かすかしておくのがポイントです。

人間の集中力は簡単な作業であっても90分も保たないことが分かっていますので、

仕事の効率化のためにも定期的に席をたてるように心がけましょう。

 

私の場合、

手元に水筒か水を置いて

適宜水分を取るようにしていますので、

・仕事の区切りがいいところ

・トイレに行きたくなるタイミング

が自動的に回ってきて

1時間に1度は勝手に席を立つようになっています(笑)

 

定期的な水分摂取は美容と健康にもいいので

一石二鳥です(笑)

 

<自宅にスタンディングデスクを導入してみる>

 職場でスタンディングデスクの導入は難しいでしょうが、

家での作業はたったまま出来るように、

私は家ではスタンディングデスクを導入しました。

半年ほど使っていますが、

概ね快適に作業できています。

職場でも家でも座りっぱなしの人は検討してみては如何でしょう。

 

 

今回は以上です。

座りっぱなし対策については、

新しい情報やオススメ方法がありましたら近いうちに取り上げてみようと思います。

 

【駄文】自分の記録用に音声入力で感想文を置いてます。読み飛ばし推奨。

 

はい次はデスクワークはよくないよっていうような話ですねこの会ではデスクワークに関するですねデメリットをとにかく上げてみるっていう形でお考えましたねここの部分をですね音声入力ですんですねこの記事を書いた人のですね生の声を残しておくことによってですねまあ読んだ人が判断する材料にしたりだとか頭パブリックコメントとして残しておくことでまあいい加減な音商品を売るためだけのブログになってしまうことを防ぐための白になるんじゃないかなっていう風に思っていますねこういう形でその何て言うのかなそのままの形で残ってても編集の状態残してね5時もそのままの状態なので明日の朝の9時を外部に発注してですねそれはそのまま貼っつけてっていうことではなかなかねあのこの部分を作ることはできないんじゃないかなっていうことでその子のブログが塩な方向に行かないようにするための抑止力としてはかなり有効なのかもしれないとねなにより手軽だとモチベーション管理にこちらとしてはなるのでもうちょっといいんじゃないかなと思ってやってますはいまあ基本的なと読み飛ばし可能っていうことで読み飛ばしてもらうのが一番いいと思うんですけどねぇデスクワークのデメリットですねめちゃくちゃありますねこれでも本当に真剣に考えた方がいいと思うよねここに書いてない内容であっても多分ね目からくるね刺激で寝肩が凝ったり家とかですねストレスが上がったりだとか気づかないうちにですね何かその悪性のものが固まっていたり高いの色んな女が起きてくるので結構その真剣に本当はそのオフィスのその職場全体で230分ごとにちょっと休憩とかなんかしっかり休みを取るとかそういうふうにやって行ったらいいんじゃないかなと思っててんですねそういう意味ではですね定期的にですねタバコを吸わなきゃいけないってねタバコを吸うためにちょっと席を離れてねタバコを吸いに行く必要のあるですね喫煙したっての実はですねそのかなり身体に良い環境に持ってるんじゃないかなって思ってたしますよねあのその職場の中でタバコを吸うことができないっていうことですのでもう1時間寝たったらネ申まりやのニコチン中毒であればあるほどですねあのすぐに頻繁にですね席を立ってですねあのいそいそと後タバコを吸ってすねでタバコを吸ったらやっぱりもうちょっとねなんかも後ろめたい気持ちもあるからですねいそいそとまたオフィスに戻ってくるという感じですねも定期的にそのなんですかね座り仕事っていうものを解放されて体をちょっと動かしてその部分でもあのちょっと落ち着かせてっていうふうにできますからねなどでタバコを吸いながらですねスマホゲームのしたらもうそれは大ヒンシュクのワケですからまたはこすったら戻ってくるっていうの形になってくると思いますからそういう意味ではそのデスクワークに関する弊害っていうのはですねその禁煙者の方がですね秋限定の変なのかなまたはこすってない人の方がですねあの子の弊害もしかしたら行けるかもしれないって言うねあの健康のために禁煙してるのにそれが実は不健康な流れを作ってしまっていて肺がんとかのリスクっていうのはねま低いけどこのずっと座りしどこが続くっていうことのリスクはですね肺がんのリスクよりもですねおそらく死亡率は高いと思われますのでなかなか皮肉めいた状況になってるんじゃないかなっていうようなところが多く見受けられますまあの半分は冗談で言ってるんですけどねでもそういう風な捉え方もしていかないとなんか複合的長いとかって分からないと思うんですよねはいそんなわけですね座り仕事がずっとの人はもうちょっとしたと頃からでも交えていてですね実際の体の何て言うからね体調の変化点のね実感できたらそれだけでもだいぶ良い方に向かうと思うんですよねなんか腰が痛いのがも全然なくなったわってちょっと合間にねバービーとか 運動を動かしただけで全然なくなったわってなったり家とかなんか返ってきてからはいつもまたはパソコンで遊んどったんやけど帰ってからの場所をですねその立ち仕事用の船スタンディングデスクに変えてみたですね意外とその腰の痛みがなくなったとかですねあとその夜寝る時のなんかこう昼なんかすっとね安くなったという感じですねまあ適度な疲労感が発生するので寝やすくなったわとかですねまとも立ち仕事にしたからそんなに長い時間ですねパソコンをずっと真不毛な仕事ずっとするといいすることは何かなくなってきたよとかですね皆そういう風な子メリットですね一緒に実感することができたんですねもっといいメンバーですねたくさん出てくるんじゃないかなとは思うんですけどはいこのあたりはなかなかその一概には言えないのでね絶対これがどうっていう風には言えないんですけども言えることですねまあディスクワークはほどほど長時間立科学は外だということですよねこれに関してのエビデンス脱獄固まっているので本当にあの自分の方でですね調整していかないといけませんねもうあのやっぱここにも書きましたけど頻繁に飲み物飲むのはありだと思いますねあのトイレが近くなるのでその定期的なトイレにに行くっていうお世話に自動的に挟まってくるのでそこをね Self Control ねしていくとですね弊害も減らせますしあとそのもうちょっと先の記事で書いてるサイクルメモに関してもそうなのですけど適度な休憩っていうのですね仕事の効率化にもつながってきますしストレスマネジメントにもらってくるのでそういう意味であの活用してですね複合的に考ええていくとですねあの何かをこう挫折したっていうするっていうことが減りますしそれに関しては駄目になったけどこっちに関しては続けていくことができたからもうその関係が回りまわってまたそっちなの最初に考えてた対策を思いつくきっかけになったりとかですねできますのでこういう複合的な高校ですね繋げてですね知識をつなげてですね活用していてもらえたら嬉しいなと思っていますでもこういう感じのコメントですねおそらくはその外部記事に委託してたらできないと思いますしねそういうこういう喋り方とかの曲って言うのですね真似することもできないと思うのでこれがですねなんか変な広告記事ではないっていうことの証明になってるんじゃないかなと思ってはいますけど実際のところどうなんでしょうねこれちょっと目障りやねんっていう人もいるかもしれないのでそれに関してはコメントがきたら消すかもしれませんしもうちょっと消さないかもしれないんですけど今実験中であるということでこんな感じにしておこうかなと思いますでも今回これに関しては以上ですありがとうございました

 

お問い合わせ  プライバシーポリシー