贈り物を喜んでもらえるラッピングの方法とは?☆

 

f:id:marumenm18:20191219103057p:plain

<喜ばれるプレゼントの包み方>

今回はライトテーマです。

年末年始は贈り物をあげたりもらったりする場面が増えますね。

2019年に実施された市場調査では世界中で年間約150億ドルがギフト用包装品に費やされていることが分かっています。ラッピング包装の価値は皆が認めるところでしょう。

 

しかし今回、消費者心理学に着目した研究でラッピングの方法について意外なことが分かったので紹介します。

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/jcpy.1140

↑論文

『ラッピングがギフトの満足度に与える影響』

https://theconversation.com/the-science-of-gift-wrapping-explains-why-sloppy-is-better-128506

↑記事

『ギフト包装はずさんな方がいい』

発表:2019年

対象:大学生

内容:ラッピングの内容を変えた贈り物で、

   被験者の満足度を測定した。

f:id:marumenm18:20191219100539j:plain

【資料より引用】「どっちがよい?」

 

ヴァンダービルト大学のエリック・マス氏らの研究グループが行った3パターンの実験で分かったことは。

 

親しい相手に贈り物をする場合

ラッピングはあえていい加減にした方が

もらった人の満足度は上がる

 

というものでした。

理由としてはきれいなラッピングはプレゼントのハードルを高くしてしまうため、

中身に関わらず失望につながりやすいということなんですね。

逆にラッピングがボロボロだと相手は中身に期待しなくなるので、

落差からの驚きで満足度が上がるようです。

 

親しい相手限定なのは…

親しくない相手からの贈り物のラッピングは汚いと、

それだけで印象は悪いようです。

 

そんな訳で、

①親しい相手に贈り物をするときは

 包装は簡易にして中身にお金をかけよう

 

②職場の同僚やただの知り合いに贈り物をするときは

 綺麗な包装を心がけよう

 

というお話でした。

ちなみに海外のamazonでは、

これに近い考え方の「駄目ラッピング」サービスをやっているとか

https://www.dailymail.co.uk/news/article-1094570/Shall-wrap-wifes-gift-badly-youd-sir.html

なかなか興味深いですね。

 

大切な友人や恋人に贈り物をするときは

あえてボロボロのラッピングにして、

驚きからの喜びを狙ってみるのもいいでしょう。

 

 

【駄文】自分の記録用に音声入力で感想文を置いてます。読み飛ばし推奨。

 

はいここからはですね音声入力でですねえこの記事を書いた私の感想ですねここで残しておこうというのですねこれ残しとこうとか何の意味があるのかって言うとですねまぁこのブログ自体がですねなんかその特定の配信者の商品紹介するだけのページになるとかあと特定のですねちょっとあんまり効果が疑わしいような商品を広告するだけのブログになってしまったいって言うのですね防ぐためにいって言うかもそうじゃないよってことを示すためにもですね書いた人間がそのまま生の声を無編集で残しておくと5時とかも恐れずにですねそのまま残しておくというふうなことをすることによってまあこれが一つのパブリックコメントになるんじゃないかなと思っています今はこういう風な形を残しておくことによってですね外注したきりではないことの証明にはならないんですけどあと何で5個ある程度の信憑性を増す手がかりになるんじゃないかなっていうことで自分的にもそのときの感想を残したりだとかちょっと記事にまとめるほどでなかったんやけど気になったことがあったよみたいな残してくれるかなと思ったんでこのブログ的にも有意義なものになるんじゃないかなと思ってますねもうちょっとオフ会やっていう人もいたらちょっと考えるかもしれないんですけども基本的にはこういう感じで続けていくのでこの部分に関してはまあ飛ばせてもらったらいいんじゃないかなと思っていますね結構な数の人が見に来てくれていいよ見に来てくれているのでちょっとこういうの書くのは恥ずかしいしちょっと心細くはあるんですけど今のこの実験にお付き合いいただければ助かりますね今回の話ですねラッピングの方法に関しですねこれも結構気持ち分かると思うようにしっかりしすぎたラッピングがいいかどうかっていうのはまたいろんな問題はあるんですけどラッピングって言わずにここで分かるのですね本質じゃないっていうことですね大事なのは贈り物をする時に気持ちであってすねそれが雑なら をどう捉えるかっていうところに繋がってきますのでは本質的な問題としてこのラッピングがいいって言うの話ではないのでは確かにタイトルがいいのかって言うと思う微妙なところではあるんですけども嘘もついてないということですしいいたい事ってか今回の研究の肝はそこにあるのでそれに対したしょうがないかなと思ってますねこれに関してので県警は結構面白いね研究だったので海の2019年市場調査で年間156ドルっていうのを書いてますけどもこれはも米国の話だね日本のまた違うんじゃないかなと思っていますはいで今回の研究に関してですけどもは浴びると大学のエリックますしてからですけど何か他にも何人か人の名前は上がってましたねねーまあその人のプレゼントなの学生を使った実験で期待を持たせてそのプレゼント開けさせてその後の満足くど測る三田駅に行きたいとかその人の値と変えてみたりだとかでやっぱりどういう反応かっていうことなんですけどボロボロの放送がいいっていうのはそのギャップ効果を狙ったものなのでもうボロボロやったからよかったのかって言うとそういうわけではないのでそこにあるユーモアとかユニークな感じとかですね人の心のゆとりだとかですねあとは信頼関係だとか精がつく人は並んだとかねんですねまそういうところを数値化してみたした傾向でしかないので全ての人に当てはまるものではないんですけどまああの結構面白いというか参考になる意見だったんじゃないかなと個人的には思っていますねのラッピングの研究なんて何でやろうと思ったのかね面白いですよね考えることお金どうなってるのかわからないですね逆に他にあっぱり関係の薄い人に対するラッピングにはしっかりとね注意を払った方がいいっていうのはまあ日本的な考え方でもあるんじゃないかなとは思いますがどうなんでしょうね海外って日本よりもそのプレゼントをやる習慣があるんですかね日本にあとなんかこう職場でプレゼントってそんなにしないと思うんですよねこのあたりもやっぱ日本の研究があったらいいんですけど日本の研究こんなことせえへんやろうっていうふうな感じでもし見つかったら取り上げてみたいなとはちょっと思ったりはしますよね日本人の文化に合うのかでも基本的なこの人間の心の動きっていうのは日本人だっても海外であってもですねそんなに変わらないっていうような感じなので要するにこれは逆効果が有効かどうかっていう話で贈り物に関するギャップ効果たら職場に関するスタンスとかどんな職場かとかどういうねぶん下記にいるかっていうのをね結構変わってくることにもで痴漢したら今回のこの記事はですねそこまでその科学的な価値のある取り上げ方じゃなかったのかもしれないんですけどこういうのはね書いて音出していないと分からないことですので自分の肥やしにして生きたらいいんじゃないかなと思って書いてねまぁ実際まあそのような感じのことを残しておくことも問題ではないかと思いますね全て金信憑性のあるものばっかりやろうと思ってるとちょっとそれはそれで堅苦しくなりますからちゃんとした記事もありながらそれこそボロボロのラッピングじゃないですけどねなんかそのゆるい生地もあったりしてやっていけたらいいんじゃないかなと思っています以上ですありがとうございました

 

お問い合わせ  プライバシーポリシー