グルテンフリーとは(グルテンフリーダイエットは効果があるの?)

 

f:id:marumenm18:20191209113225p:plain

<グルテンフリーは意味があるの?>

最近グルテンフリーという言葉をよく聞くようになりました。

特にパンやお菓子でもグルテンフリーのものを売りにしてる事が多いですね。

グルテンフリーダイエットなんてのを勧めている方もいます。

今回は

「グルテンってどのくらい気にしたほうがいいのか」

というお話です。

 

ただし諸説ありますので、

気になった方はご自身でも調べられるといいと思います。

また、

その人の体質によって

グルテンの影響が大きく違う

ため、

実践して自分の体質に合うか合わないかを試してみるのがいいでしょう。

 

<グルテンとは>

小麦粉に含まれるグリアジングルテニンというタンパク質が水と結びついたものです。

これによりパンや麺のモチモチ感が味わえるわけです。

f:id:marumenm18:20191209113243j:plain

 

しかしこれは胃で上手く分解されず、

・胃の粘膜へ負荷をかける

・体内に吸収されて悪影響を与える

・腸に穴を開けてしまう

という…

最近の言葉でいうと

体内の炎症を起こす物質

ということですね。

 

このメカニズム自体は結構しっかりした研究が出ているようで

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25701700

小麦アレルギーでない被験者にグルテンを与えたところ、

・胃の痛み、胃潰瘍

・軽度のうつ症状

・集中力の低下

といった症状が出ています。

 

消化・代謝に負荷をかけていることで

・太ってしまう

・アレルギーが出やすくなってしまう

ことが説明されています。

 

また、

昨今の小麦は品種改良が進んでおり、

調理後のグルテンの量が一昔前よりも遥かに多くなってしまっているため、

「小麦を控えよう」すなわち

グルテンフリー

を勧める声が多くなっています。

 

 

<厚生労働省はなんと言ってるの?>

厚生省からはグルテンのデメリットを提唱する声明は出ていません。

https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/information/pdf/160623_pressrelease_0003.pdf

消費者庁から

グルテンフリーの表示と

小麦アレルギー向けの表示について

海外と日本で差異があるのでこれについて書かれているものがありました。

 

そもそもグルテンフリーは

・小麦アレルギー

・セリアック病(グルテンに過剰反応してしまう)

の人のための食事として考えられていますからね。

 

すなわちグルテンフリーは

 「万人に効果があると

  言い切ることは出来ない」

というのが公式見解と言えるでしょう。

グルテンフリーの万能性を発信する人達には注意する必要があると思います。

 

<グルテン過敏性はチェックできる>

グルテンに関する過敏性は人それぞれですが、

この過敏性は病院で検査することが出来ますが…

 

病院まで行かなくても、

食生活でチェックすることも可能です。

やり方は簡単

3週間小麦粉食品を控えるだけ

 

和食中心の食生活にして

パンや麺などは一切食べないように

してみてください。

 

これを3週間続けて

頭痛やアトピーなどの症状が改善した場合は、

グルテンの影響を疑ってみるといいでしょう。

また、

4週目に再びグルテンを摂るようになった時に

症状が復活するので実感しやすいと思います。

 

グルテンフリーのセミナーに行ったり、

本を読むよりもまずは自分で体感してみることをオススメします。

 

<グルテンフリーダイエット>

そんな訳で

・消化に悪くて

・代謝を阻害して

・体調を悪化させる

グルテンを控えることで、

ダイエットが成功した

という報告があることも納得できます

 

 

以下の点から糖質制限ダイエットよりもおすすめと言えます。

 ・デメリット(リスク)が少ない

  大きなリスクは報告されていません。

  お米を食べれば特定の栄養素が過度に不足することもないでしょう。

 ・細かい計算をしなくていい

  単純にパンや麺からお米中心に変えるだけですからね。

 

また、小麦に含まれる「グルテニン」には

中毒性があって、

食べても食べてももっと食べたくなってしまう

という作用があります。

グルテンフリーの食事をすることで、

過度なカロリー摂取が控えられるわけです。 

 

そんな訳で試す価値は高いと思われる

グルテンフリーダイエットですが、

 

ダイエット効果を期待して行うというよりは、

グルテンフリーによる体調改善を実感できてから行うべき

ではないでしょうか?

3週間のグルテンフリー生活を試してみて体質や体重が改善したなら、

そういった食生活に変えていけば自ずと結果は出るでしょう。

 

その際のお菓子はダイエットの味方、

ナッツ系がオススメです。

 

 

<まとめ>

・グルテンフリーの効果が実感できるかどうかは人それぞれ

・特にデメリットもないので試す価値はある

・和食中心の食生活を3週間続けてみよう

という感じですね。

特に体調や体質、体重でお困りの方はまずは自分に合うかやってみるといいでしょう。

科学的な信憑性はかなり高いと言えるでしょう。 

 

機会あれば具体的な実践方法についても取り上げてみたいですね。

 

 
 
【駄文】記事はここまで。これ以降は音声入力無編集で感想を残していてます。読み飛ばし推奨。

はいここからは後日記事を書いた私がこの記事に関して振り返って感想を残しておくというスペースになりますので基本は読み飛ばしてもらったらいいと思いますただ知識配信型のブログの性質上あまり手をあげてしまうのも良くないと思いますので書いた人の生の声を無編集5時もそのままでお送りしたいと思いますよろしくお願いしますはい今回はですねグルテンフリーに関してですこれをダイエット効果として歌っている人に関しては若干疑ってかかった方がいいでしょうあのダイエット効果としても期待できるかなと思ってやってるんだよっていうような人の体験談はいいんですけど自分がですねしてないだとかですね自分の経験を語る気がないのにダイエット効果を歌っている人に関しては若干疑問の言葉を投げかけた方がいいんじゃないかなと思いますかいてるようにリグルテンフリーっていうのは要するに自分の体質に小麦グルテンが合ってるのかどうかを確かめるために使ってるねその後に自分の体質に合ってない人がこのグルテンフリをした方がいいよという考え方でいた方がいいと思いますグルテンに関してはですねもうちょっと先の記事でも書いていますが特定の成分に対してですねね合わない人というのは基本的にはいますのでこの特定成分を合う合わないに関してチェックすることができますね力がとですねおやすみ胃に穴が開いてしまうような状態になってる人も実はいますのでこれを気をつけていかないといけないかなと思っています例えば全然意識はしてなくてもいつも片方の鼻が詰まってしまってでなんとなく自分はマンセー君慢性鼻炎気味なんだよねっていう人だとかですね冬場はちょっと肌が痒くなっちゃうんだよねここはね乾燥肌だからっていう人だとか私ってなんか頭痛がずっとあるんだよねとか睡眠の質がやっぱり良くないからね栃尾起きちゃうんだねみたいな人はですね一度自分がグルテンに対しての抵抗能力があるのか対応能力があるのかっていうのを確かめること結構価値があることじゃないかなと思いますそれでグルテンに対する抵抗能力が低いってわかった場合にですねがっつり小麦を拒否するというのは難しいと思いますがそれでもですね自分の体調に合わせて小麦の量を調節するということをすることでその弊害を大分緩和することができますので自分の体質を知るという意味でグルテンフリーの3週間をやってみることはですねかなり価値があることなんじゃないかなと思いますかくいう私もグルテンフリーお店週間やってみました今のところちょっと分からないんですけどグルテンフリー生活を3週間行ってその後に小麦をどんどん食べたと時に体がどうなったかなというのを比較してですねまた後日に何か記録として残しておこうかなと思っていますはい現状としてはまあちょっとやはり準備をしっかりしないと厳しいだろうなグルテンフリー生活はというのが感想です特に外食をする人はほとんど外食ができなくなると思った方がいいです食事に関してはまあ和食中心で行けば基本的には大丈夫ですね用意しておきたいものは醤油を使っていない小麦を使っていない醤油ですねこれはちょっとスーパーで買うのに苦労しました揃えてないところも多いと思いますので8で買うのもありかなという風なと思っています和食中心生活にすれば何とか乗り切れますのでせっかくなので一度は試してみてはどうでしょうと言いたいですねはいそれで何ともなかったら何ともなかったよかったねでそれで終わる話ですから何かはダメージを受けることもないわけですよね糖質制限などですね自分の体がですね変化してしまうと言うよねあのリスクがありますので手軽にお勧めはできませんけど基本的にグルテンフリーっていうのはリスクなしでやって見える人体実験という理由になりますのでおすすめです特に科学的な正しさっていうのは大多数の人間に対して有効である可能性が高いっていうものが要するに科学的な正しさになってなってしまいますのでそれが正しいものであっても自分の体に合うものと限らないわけですね99%の人に対して 有益なものであっても自分の体にとっては害になる可能性もあるわけで逆に科学的には全然証明されていないのに関しても自分の体にとってはですねものすごく良いメリットがあるものもあるわけですこういうことでですね仕事してこういうものを持ってですねどんなに科学的に正しさを求めたとしても結局は自分の中に落とし込めるかどうかでの非常に大事だってこういったグルテンフリー実験をすることによって自分の体を見つめ直す自分に合ってるものを探す自分の体を使って実験するといいような思考を身につけておくことは今後の健康的な生活を送る上においてはかなり大事なことだと思いますので皆さん是非行ってみてください今回は以上にですねはいありがとうございました

 
お問い合わせ  プライバシーポリシー