3秒でできるストレス対策

f:id:marumenm18:20191126214819p:plain


今回はライトテーマ

ストレスに関しては度々取り上げていますが、

ストレス対策の方法はたくさん知っておけば知っておくほどいいもの。

 

本日はメンタリストDaiGoさんが面白い研究を紹介していたので取り上げます。

 

その名も「2秒で職場ストレスを減らす方法」


2秒で職場ストレスを減らす方法

 

職場限定ということで、

運動系ではなさそう…

何かを書き留める系かなと思いましたが2秒では難しい…

 

結論を言うとそれは

握手

でした。

 

<握手とストレス軽減に関する研究>

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23016826

機関:イリノイ大学

発表:2012年

内容:商談や会話の前に握手を行うグループと行わないグループに分け、

   その後のストレスや会話内容がどう変わるか調べた。

 

結果:商談や交渉が上手くいかなかった場合でも、

   握手をしたグループはストレスを感じにくかった。

 

商談相手や取引相手としっかりと握手をしておけば、

上手くいかなかった場合でもストレスが軽減されるってことですね。

覚えておいて損はなさそうです。

 

お互いに好印象となる握手について抑えておきましょう。

 

・握手の長さ

 

握手に関しては今も色んな研究がされており、

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31594473

握手の長さがその後のコミュニケーションに影響を与えることが分かっています。

 

平均して3秒ぐらいがいいみたいですね。

長すぎる握手は相手に悪印象を与えてしまうようです。

 

・アイコンタクトをとって行う

 

握手はコミュニケーションですので、

必ず相手とのアイコンタクトをとって行いましょう。

 

余談ですが日本国内での握手の研究を探してみると

ロボット工学で色々と研究されているようで、

興味深かったです。

アイコンタクトの大切さも研究されていました。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kikaic/77/776/77_776_1429/_pdf

 

 

・手のひらの状態

手のひらの状態は

乾燥している方がいい

ようです。

確かにベタベタした手はイメージが悪いですね。

 

<握手の研究>

他にも握手の研究は面白いものが多いようです。

2015年の研究では、

「握力が5キロ減るごとに死亡率が17%上がる」

https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(14)62000-6/fulltext

みたいな報告もありました。

他因子を考慮に入れたデータなので興味深かったです。

 

<まとめ>

そんな訳で、握手は積極的にしていくようにした方が良さそうです。

とはいえ今回の方法はストレス対策としてはかなり限定されるものでしたね。

ストレスと上手に付き合っていくためにも、

色んなストレス解消方法を覚えておきたいところです。

ストレスマネジメントについて書かれた本で、

圧倒的にオススメなのはこちら

↓ 

 

【駄文】記事はここまで。以降は音声入力無編集で感想を残していてます。読み飛ばし推奨。

はいここからはこの記事を書いた後日の感想をそのまま残しておこうということで試みていますまあ飛ばしてしまった方がいいと思いますね今回の記事はですね3秒でできるストレス対策っていうことですね紹介されていた論文の内容をですね見てみたっていうもんですねまあそのそこまで来も文化的にも日本人に対応できるかって言うとか分からないんですけどこういった内容に関しては知っていた方がも知らないよりは良い方向に働くことをんじゃないかなということで取り上げることが多いです今回もそのケースねもっともっとそのストレスに対するマネジメントは別の記事に書いていますのでそちらを専門的にを選んでもらう方がいいとは思うんですけどストレス対策の方法っていうのは誰のパレオな男ね言われているようですねたくさん知っておいた方がいいということを聞いていますのでストレスを発散する手段以外に関してもですね色々知っておくことで日常の生活の中でストレスが溜まっていくっていうことですね軽減することができるようになると思います根本的にしんどいものに関しては小手先のテクニックで何かするっていうのは基本的に難しいとは思うんですけど気づいていないレベルでストレスが溜まっていってるって言うような状況に関しては今回のようなところですね知識を入れておくとですねかなりマネジメントできるようになるじゃねえかなと思っていますに関してはですね結構やってる人はいるんですけど女性同士ではあんまりやらないっていう感じではありますねたら男性では人によって本当によく握手をする人だとかしない人だとか分かれますねポイントとしては日本人の文化的にはそこまで握手が一般的じゃないということであって特に初対面の人だったりすると握手したりするんですけど知らない人に対しては知ってる人に対しては毎回握手するっていうのはちょっと変な感じになってしまいますここに書いてあるものなんですけど手のひらたいとか握力とかですねしっかりですねアクションなかったとかですねいろいろと調べている人たちがいますのでそういう意味ではまずはですね自分がされて不快感がない予定ですね湿度の問題なんですけど自分がされて嫌じゃない握力は基本的に自分が自分とする時みたいな感じで考えたらいいんじゃないでしょうか他のインしようの色々入れていくとこれははっきりしたあの話にはならないのでどうしたもんかなと思うんですけれども積極的にですねしっかりした気持ちの良い挨拶ができるようにというのと同じでしっかりした気持ちができるように心がけることは結構大事だったりしますよねとにかくアクシオすればいいんだしてさえいればいいんだみたいな気持ちでいるよりはこういったように色んな要素を押さえておいた方がいいんじゃないでしょうかかっこを整えることもそうですしではねでもない状態に保っておこともそうですね I コンタクトって書いてますけどやっぱり相手の顔見て話すこともそうなんですけどそういった基本的な人間関係がの距離感ってやつですねあって気持ちの良い環境相手と結ぼうという意識がですね相手に伝わればですね相手も自分に対して同じような気持ちを持ってくるだけでそうなってしまった関係においてはですねストレスっていうのは結構難しいいってきますので基本的な人間関係のためのテクニックの一つとして頭の隅に置いておけばいいんじゃないでしょうか今回のテクニックですね大きなストレスを解決できるとは思いませんけどじいさんがストレスの発生を未然に防ぐという意味ではなかなか効果的な方法なんじゃないでしょうか舞台的に溜まってるストレスの発散の仕方に関しては別の記事を見てもらえば幸いですしそれは嫌だよっていう人はパレオさんのですねストレス解消法ってストレスがね解消できる方法が書いている本をですね買ってみるといいんじゃないでしょうかちょっと手間のかかるものもありますよ簡単なものがありましたので楽しいと思います最近はやっぱりあのちょっと体を動かすの方がすごい楽しいなんて思っていますので簡単な筋トレをですね行ったところですね鏡に向かってですねちょっとパンチをしてみたりだとかしていますなかなか楽しいですし体もね暖かくなりますのでとても皆さんにもお勧めています人間 車で来ないのでこういった握手っていうのは大事なことなったなと思ったりもしています知り合い同士でお互いちょっと握手しあってみてですねお互いの相手の銀色が乾燥嫌みたいなのをやるとですね意外と効果的だったりしますね自分の事は意外と見えていないものですので行ってみるとですね普段相手が出てジムに対して思っていてもですねなかなか言えないこともねアドバイスとかもねしてくれたりしますのでこれもちょっとお勧めだったりしますので今回はもうこれぐらいにしときましょうありがとうございました

 

お問い合わせ  プライバシーポリシー