【食事で乾燥肌対策】常備しておきたい5つの美肌食品

 

f:id:marumenm18:20191113125413p:plain

<乾燥肌と食事>

冬の寒さが迫ってきて、

手や顔のカサカサが気になってくる季節ですね。

そんな訳で今回は

冬の乾燥肌対策に

常備しておきたい食べ物

のお話です。

 

肌に塗るのスキンケアについては

メンタリストDaiGoさんのおすすめを何度か取り上げていますが、

 

 

これは常用する美容品の話であり、

 

美肌の基本は食生活

です。(あと睡眠)

 

それも、

『ビタミン豊富なうなぎを食べればいい』

みたいな突発的なものではなく、

毎日の食事が一番大事

です。

 

というわけで、

・入手が簡単なもの

・手軽に食べられるもの

・ある程度保存が効くもの

・毎日食べていいもの

・値段がお手頃なもの

 

を意識して取り上げてみました。

 

<きっかけは管理栄養士さんの動画>

今回の記事のきっかけは

管理栄養士圓尾和紀さんの動画です。

乾燥肌対策に必要な栄養分を解説してくれています。

 


これを食べて内側からスキンケア!乾燥肌対策の食べ物を管理栄養士が解説

 

内容は分かりやすく、論調としても非常にバランス感があるので、

気になった方は視聴してみるといいでしょう。

内容は以下の通りです。

 

まず乾燥肌の原因は

肌の水分を保持する角質層の働きが

低下することで起きる。

そして

これらの対策として有効なのが

各種ビタミンです。

特に重要なのが以下のビタミン

 

1.ビタミンA

ビタミンAの話になると必ず出てくるのが

レバー・うなぎ・あん肝

ですが…

これってそんなに毎日食べますか?

値段的にも、

保存期間としても、

毎日食べるには向かない食品

しかも、毎日食べると過剰摂取になってしまいます。

すなわち実用性の低い知識といっていいでしょう。

ビタミンAが豊富なのは

緑黄色野菜・シラス・煮干し・メザシ

などで、これらをバランス良く食べていくことが大切です。

 

2.ビタミンB

特に重要なのがビタミンB2とB6

ここでもウナギの値は高いですが、納豆がこれを上回っています。

また、B2はアーモンド、B6はピスタチオと、ナッツ系に多く含まれています。

きのこや海藻なども有効です。

果物だとバナナアボカドに多く含まれています。

また、肉よりもに多く含まれます。

 

3.ビタミンC

これは各種野菜や果物に含まれますね。

かぼちゃ・いも

柑橘系・キウイ・柿

などが有効です。

 

<美肌の研究>

スキンケアと食品の研究は多々ありますが、

エビデンスが高めの研究でもビタミン(特にビタミンC)

の有効性が報告されています。

今更ビタミンの効果をや違う人はいませんね。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25600848

機関:ニューカッスル大学

方法:27件の研究の系統的レビュー

対象:4741人分のデータ

発表:2014年

結果:

   ・ビタミンCやポリフェノールは肌状態の改善に有効

   ・サプリより野菜・果物・オリーブオイルから摂ったほうが良い

 

サプリで摂るよりも、

ビタミンは食事で抑えておきたいですね。

 

<常備しておきたい食品>

 

①ナッツ類

f:id:marumenm18:20191113114545j:plain

ナッツ類は肌の潤いを保つビタミンB2とB6を多く含みます。

おやつとしても食べやすく、

保存も効くのがいいですね。

種類によって多く含まれる成分が違うので、

バランスがいいミックスナッツがオススメです。

こういう小分けならおやつとして持っていきやすいですし、

まとめて買って長期保存できますから、習慣づけに最適です。

無塩・無添加のものを選びましょう

私は冬場のおやつにしています。

 

②納豆

f:id:marumenm18:20191113114617j:plain

日本が誇るスーパーフード納豆です。

こちらもビタミンBを多く含み、

腸内環境の改善のほか

様々な現代病を予防してくれます。

とはいえネックなのは

・匂い

・独特の風味

ですね。

出かける前に食べるのは憚られますし、

ご飯のメニューとの兼ね合いもあります。

というわけで私が今回用意したのは

ドライ納豆です。

 匂いもそこまで気にならず、

いつでも食べられる上にこちらも

おやつ感覚でいただけます。

スーパーでも売っていますが、

無塩・無添加のものを選びたいですね。

 

③小魚

f:id:marumenm18:20191113115836j:plain

 

小魚にはビタミンAが豊富に含まれています。

私はしらすが好きなのでスーパーでしらすを買って

豆腐に乗せたりして食べているのですが、

保存の効くものとしてはちりめんじゃこを常備しています。

ご飯や豆腐にかけてもいいし、

卵焼きやお味噌汁の中に入れても美味。

普通に食べても美味しいですよ。

私は当然国産のものを選んでます。

 

また、小魚ほどビタミンAを沢山含んでいるわけではないのですが、

これに加えてサバ缶なども常備しておけば安心ですね。

こちらもオメガ3脂肪酸を含む立派な美肌食品です。

 

 

④野菜

f:id:marumenm18:20191113121258j:plain

ビタミンAとビタミンCを摂るなら野菜は欠かせません

おすすめは

人参・小松菜・ほうれん草などですね。

加熱してもビタミンが逃げにくいカボチャ芋類もオススメです。

野菜については日持ちするカボチャや芋類をストックしておけばいいと思いますが、

 

 とれたて野菜を定期的に送ってくれるサービスもありますので、

活用してみるのはありだと思います。

 

 

ちなみに私が常備しているのは

ほうれん草春菊などのビタミンAが豊富な

冷凍カット野菜ですね。

 

料理に使いやすくて便利な上、

長期間保存できるので重宝しています。

 野菜を炒める時に加えたり、

味噌汁に一菜増やしたりと、

非常に便利なのでオススメです。

 

 ⑤果物

f:id:marumenm18:20191113122807j:plain

ビタミンC摂取を習慣づけたいなら、

果物の力を借りるのはとても大切です。

レモンやオレンジなどの柑橘系やキウイフルーツなどが有名ですね。

 

季節モノで言えば、

レモンより遥かに多くビタミンCを含んでいますので、

積極的に食べましょう。

 

ちなみにキウイフルーツは

ゴールデンキウイのほうがビタミンCが豊富と言われています。

睡眠の質を上げる効果も期待されていますよ。

 

 

 それ以外では

アボカドバナナ

ビタミンBも豊富です。

抗酸化作用のある

アボカドは積極的に食べていきたいですね。

生のものを熟したタイミングで食べるのが一番ですが、

忙しい人のために冷凍のものも売っています。

常備して習慣化するためには便利ですね。 

 

今回は以上です。

乾燥肌にならないよう、準備して冬を迎えましょう。

その他のスキンケアについてはこちら

 

 

 

お問い合わせ  プライバシーポリシー