犬を飼うと幸せになれる!?(アニマルセラピーの効果)

f:id:marumenm18:20191107120022p:plain

<アニマルセラピーの効果と事例報告>

以前

アニマルセラピーの効果が科学的に認められた

という研究論文を紹介しましたが、

 

動物と触れ合うことで、

オキシトシンが分泌され、

コレチゾール値が下がる。

幸福感とストレス軽減

につながるという内容でした。

 

今回は、

を飼うことによる孤独感の軽減

についての事例が報告されていたので今回はご紹介します。

 

<犬と人間>

人間は数万年前から犬と一緒に生活しています。

今回シドニー大学は

「犬が精神的健康を向上させるか?」という点を確かめるために

新しく犬を飼い始めた人と犬を飼っていない人を比べる実験を行いました。

 

https://bmcpublichealth.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12889-019-7770-5

『犬と精神的健康』

機関:シドニー大学の研究チーム

発表:2019年

対象:71人(96人から選抜)

期間:8ヶ月間の対照研究

内容:3グループの比較

 

研究を見る限り、サンプル対象者の選定などはかなり細かく行っているようですね。

実験の目的にコミットしている(一貫性がある)のが面白かったので、

紹介しておきましょう。

 

<研究の徹底具合>

シドニー大学のあるオーストラリアではなんと40%の世帯が犬を飼っているといわれており、ほとんどの飼い主は幸福になっていると感じていたそうです。

過去に行われた実験では

犬を飼っている人と飼っていない人の幸福感の比較

が報告されましたが、

それは

・飼い始めたことにより得た幸福感とは言えない

・幸福な人が犬を飼いたくなる可能性を排除できない

と言われてきました。

 

そこで研究グループは今回
「犬を飼いたいと考えており、実験開始から1カ月以内に犬を飼い始めるグループ」

「犬を飼いたいと考えているが、実験期間終了まで犬を飼わないことに同意したグループ」

「犬を飼うことには興味がないグループ」

に分けて実験を行ったのです。

 

徹底していますね。

結果として犬を飼い始めたグループは

飼い始めた後に孤独感が減少することが判明し、

その効果は実験が終了する8ヶ月後まで続いた

ということでした。

 

備考として、

この実験では犬を飼うことになった被験者は全て偶然女性だった点、

犬の散歩などで二次的に近所の知り合いと交流することになった影響、

などが挙げられています。

この点を補足してくれる報告に期待したいですね。

 

<まとめ>

今回の研究では

犬を飼い始めることが孤独感の軽減につながる

ことが示唆されました。

精神的健康は様々な要因の影響を受けますが、

アニマルセラピーによる効果については、

ある程度信頼してもよさそうです。

今後も研究が進んでいってほしいですね。

 

 

【駄文】記事はここまで。以降は音声入力無編集で感想を残していてます。読み飛ばし推奨です。

それではここからは私が後日この記事を読み返してですね乾燥たとかですね他の記事との関連性だとかですねまたらの乾燥だとかですねまとまりきらなかったことなんかを残しといここ行こうと思います無編集で残しますので5時もそのままですまこれ残したことによってこのブログ自体が一定のですね疱疹という一貫性を担保できるんじゃないかなと思っていますこの後いきなりましたらお問い合わせフォームからどうぞではでは基本的には飛ばしてる人はしてもらうということですね残していますが好きに話していきたいと思いますアニマルセラピーの効果ですねこれに関しては類似の貴重ですね一個だけあのまた書くことになってますけどこれは今回はですね犬ですねアニマルセラピーの効果としての根保証としてね犬は寝起きようっていうことで前回のアニマルセラピー効果もね最新事件と関連性ですけど今回はいいのにフォーカスした内容になっていますね家でも犬を飼っていたんですけども残念ながら私が子供の頃に死んじゃってですねそれにも買っていないということになっていますねそもそも何と言うかですね猫なら子供をもらうことはねさらっと会ったりするかもしれないんですけども最近俺の LINE もね減りましたしねどんなに向かってるのでちょっとね気になることはあるんですけどもペットショップとかですねペットを飼うっていうのに個人的にはかなりひどい行動だなと思っていますのでペットショップで犬を飼うこともなくですね犬を飼ってる友人からもらうようなことも特にはないということになってますのでペットがですね基本的には猫がいるだけなんですけどはいそんなわけですね院についてのですねもっと詳しい人がです見ろのこと言ってると思いますし具体的な実践例みたいなのをね残してる人のケースもあると思いますんでそういうもんですね1回ちょっとね見てみる方がいいんじゃないかとは思いますがあくまでも私はこの記事からですね入った論文から入った内容を一応紹介してみようということになりましたまあシドニー大学のね実験ですので結構ねしっかりした実験ではあると思いますね71人しかないサンプルないんですけどこれもですね結構抜粋してたグループになりますのでそんなん完全に適当でサンプル数少ないよっていうわけじゃないんじゃないかなと思っていますはいあとですねまあそのオーストラリアですよねオーストラリアに様ですねいいのかってすごく多いということですね前に関してはもともとすごい受け入れる体制というかですね好感度が高いという状態で始まってますのでこれについてもですねある程度仮眠した方がいいんじゃないかなと思ってますけどこれもですねやっぱり飼い始めたのですね孤独感が減少することが判明てその後ですねここでずっと続きますしばらく続きましたよってなってんですけどこれオーストラリアですね40%がいいの買ってるって事で S ねかなりも犬飼ってる人が周りに多くてですねあの犬飼ってる人は犬飼ってる人で固まったんですね出来るわけですよねまそれによって孤独感が出てたのが単に治っただけって言うね中も入れてもらって孤独胆管が減っただけっていう可能性も一応あるんですけどねまそういった数字に関したですね神することが難しいので何とも言えないなんていうことになっておりますでいいですね行こうとしてですねこの実験でいいのかをことになったのはね全てに偶然女性だったってなったんですけどねまあそれはそれでちょっとなんかこう偏りを感じなくはないんですけども70組全てが女性だったって何ともと思ってしまいますねまあそんなことですねちょっとそのそういった点に関しては気にした方がいいよと全く気にならないっていうのはちょっと危険かなと思うんですが孤独感とかですね寂しさもねみたいですね汚物は有効っていうのがですねなるほどそうだろうということですね動物一匹よね一つの命を預かるて簡単な事ではないと思うんですけどしばらくで続くってことなので誰かのね犬を燃料こないとちょっと預かるとかですねまあ実家の犬のちょっと明してはしてあげるとかですね困ってるね動物さんたちはね助けてあげる家の猫と出会ってますねこの区間は大分紛らわせられんじゃないかなと思いますのでちょっとね頭に入れておいてですね何かの機会に動物に関わっていくっていうのねそういう思考でいたらね結構人生 Happy になるんじゃないかなと思っていますね でも買う必要ありませんしね晩やったら動画を見るだけでもいいみたいのに元気も出てますのでそちらの方をね誰にしたほうがいいんじゃないかなと思ったりしています

 

お問い合わせ  プライバシーポリシー