これだけは避けたい食品添加物3点

 

f:id:marumenm18:20191106131132p:plain

<危険な食品添加物>

皆さんは買い物をするときや料理をするときに、

食材に含まれている成分を意識しますか?

 

私は以前はそこまでではなかったのですが、

「せっかくだから乳化剤が入ってないナチュラルチーズにしよう」

とか

 

 

「輸入の果物は表面に薬品が大量についてるからよく洗って皮は捨てよう」

 

とか

 

所々で意識するようになってきました。

 

 

とはいえ

先日、

安全な食事を求め過ぎると

かえって不健康になる

という話をしたばかり。

 

無理なく適度な範囲で意識していきたいですね。

そんな訳で、

今回は、

とりあえずこれだけは避けたい添加物

の話。

 

勿論、絶対に食べてはいけないのではなく

日常的に食べ続けるようになってはいけない

という感じでいましょう。

気にしすぎはいけません。

 

<食品添加物は危険?>

「添加物は全部危険」

という風潮が一時期ありましたが、

全ての添加物が体に悪いわけではありません。

無添加は無添加でリスクが有るというケースもあったりします。

厚生省からも添加物に関して発表されていますが、

基本的には認められているものです。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuten/index.html

 

ただし、

近年添加物表示の基準が改善されてきたおかげで
食材表示は添加物だらけなんですよね。

ある程度は絞って判断していきたいところです。

 

今回は

管理栄養士の圓尾さん

がちょうどいい動画を出されていたので、

こちらから紹介します。

 

 


管理栄養士が解説 これだけは避けたい食品添加物ワースト3を発表!

 

ただし、この方は食と健康に関するオンラインサロンを開いている方なので、

サロンメンバーが増えると得をする立場の人であることは覚えておきましょう。

動画はとても良質でした。

 

<タイムテーブル>

00:05
動画紹介

01:40
『防カビ剤』イマザリル・TBZ・OPP

<食品>
レモンやグレープフルーツ

日本国内では禁止
解決法

06:35
『人工甘味料』アスパルテーム・アセスルファムK・スクラロース

09:10
『発色剤』亜硝酸ナトリウム

<食品>
ハム・ベーコン・ソーセージ・明太子

ボツリヌス菌対策

 

<避けたい食品添加物3つ>

 

①防カビ剤

用途:カビ防止

名称:イマザリル・TBZ・OPP

害:発がん性と催奇形性

食品:輸入のレモン・グレープフルーツなどの柑橘類

 

先程添加物は認められていると言いましたが、

これについては

日本国内では認められていません

 

防カビ剤は収穫後に果物が腐らないように散布している農薬です。

ポストハーヴェストという言葉でも言われていますが、

日本では禁止されています。

でも輸入品ならOKというのは、

ちょっと政治の闇を感じてしまいますね(汗

 

 

解決法としては

・国産のものを買う。

・輸入品はオーガニック・有機・無農薬のものを使う。

・外食をするときは注意する。

比較的シンプルですね。

外食では

安い店のレモンは大体輸入ですので、

レモンサワーやレモンティーなどは、

気にしたほうがいいですね。

 

 

②人工甘味料

用途:ローカロリーで甘味をつける

名称:アスパルテーム・アセスルファムK・スクラロース

害:腸内環境悪化・耐糖能異常・肥満

食品:清涼飲料水など

 

ダイエット飲料など、

ゼロカロリーを謳っている飲み物に使われていますが…

肥満や血糖値異常のリスクが上昇します。

 

解決策としては、

砂糖を使っているものを選びましょう。

血糖値やカロリーをちゃんと計算すれば、

リスクは遥かに低いですからね。

 

全く飲まないというのは大変だと思うので、

たまに飲む程度にしておきましょう。

 

③発色剤

用途:防腐効果・発色を鮮やかにする

名称:亜硝酸ナトリウム

害:発がん性

食品:ハム・ベーコン・ソーセージ・明太子

 

加工肉の色を鮮やかに見せるために使われています。

WHO(世界保健機構)から

「加工肉の発がん性に関するエビデンスは高い」

という報告が出ているこ とからも分かりますが、

発色剤の入っているものは避けるのが良さそうですね。

また、防腐効果を期待して使われているケースは

減塩のものが多いです。

加工肉の腐敗は塩分が担ってくれていたんですね。

減塩と聞くと健康的に聞こえますが、

実は腐らないように発色剤が入っていたりするのです。

 

国産で美味しいソーセージも、

そんなに高いわけではないですから、

私も発色剤は無添加のものを選ぶようにしています。

 

 

今回は以上になります。

添加物の研究は多岐にわたってますし、

気になった記事があったらまた取り上げてみたいですね。

 

【駄文】記事はここまで。以降は音声入力無編集で感想を残していてます。読み飛ばし推奨です。

 

さて避けたい食品添加物という話ですねなんとなくパレオ式ダイエットのあの話の横の記事にこれがあるってのなかなか皮肉めいたものを感じですけど入って説明をくれましたねここからはですね音声入力を使ってですねこの記事を書いた感想だとかまともに来なかったものだとかですねあとですね他の記事との関連性とかですね完全に無編集で音声入力により残しておこうと思っておりますのでまぁ基本は読み飛ばしてくださいさてこういった文章に残しておくことですねこのブログ全体のですね一貫性を保っていけるんじゃないかなという風に思っています特にこういう間公園とかですね知識とか発信するブログって言うのですね集客が一定数集まった時点ですね今度はですねやや割高な商品とか降り出すような記事が増えてきたですだとかですね何と言うか本質的なところからそれでですねこれを買えば大丈夫なんやみたいなね聞いてお出かけ+傾向にあるんですよね個人的にはそれってあんまりよくないんですけど大多数の知識系のブログがねそっちに流れてしまってるって事はですねおそらく私も無意識にやっていたらそっちに流れてしまうんじゃないかなと思っているのでこれを残しておくことによってですねある程度んですね一貫性を保ってですねで見れるんじゃないかなという風に思っていますがもちろん規模が大きくなってきたねこんなちゃんとファクターをつけることも考えてはいますがそんなことにはならないでしょうかいては本文の方がいいですね入ってきたいと思いますね今回のですねこれだけは避けたい食品添加物3点って事なんですけどまあ3点かどうしようかなという風に思ったんですがとりあえずは3点にしましたまず添加物っていうのは要するに自然物じゃなくて人工的にね添加されたものになってますので8ではまあしようとかでも添加物になっちゃいますね10月全部が悪いっていう考え方はあまり良くない正しい添加物がたくさん使われてるって言う事ですね天然物からは離れた位置にあるということになっていますのでそこは理解しておく必要はあるでしょうに要するに食品本来の効果を得る場合んですね茶屋歪められてる可能性が高いということになります使用であってもそうですよさてとではですね今回行きたいのですねまあ順番に入っていましょう食品添加物ですねこれは避けようというものでは実際私もですねできるだけ避けようと思ってはいますただ完全に避けるのは難しいですね別の記事に書きましたが安全な食品を求めすぎてですね俺とレキシアっていうですね病気にかかってしまうという人もいますんで精神的なですね深川ね結構大きいのでそういう意味ではねある程度避けですねある程度気楽にね食事を楽しめるぐらいに目距離感を作っていくことが大事であってですね絶対にこの添加物を避けのかっていうような記事ではありませんのでご了承くださいね避けたいものですね防カビ剤ですよねそれからですね防カビじゃがいも人工甘味料であとですね格好のものですね発色剤ってなってるやつですねまあねうまく書いたもんですよね発色剤かあっていう感じですねみつともですね危険性についてはね本部に書かれてることがね基本的なことであってあまり個人的に意見を述べるべきことじゃないんじゃないかなという風に思ってはいますねたらですね真嘉比剤に関してもいいですね危険性をですねかなり出されているので個人的にはですねもっとをそのちゃんとそのが海外から入ってくるものに対する規制をちゃんとして欲しいっていうのが大きいところではありますね特に日本に入ってくるものはもうすごい農薬つけて入れてきてる果物とか多いのでそこは気をつけてほしいなと思ったりはしています人工甘味料についてるですねはっきり言ってその危険性がまだですねそこまではっきりわかってないっていうのも正直じゃないでしょうかなんていうかマリアンとしてはですね甘いもの食べてるのに血糖値が上がらないので体自信家ですねもっとけど砂糖食べないとってくね甘いもん取らないとっていう風になってるしても無限に甘いもの欲しがる形になってしまうというそういう恐ろしいスパイラルとですねそれはある種の東部に対するんですね正しい反応でできなくなってしまってですね食欲がですね爆発してしまうみたいだねそういう ありますっていう風なことをね入れてますがこれが音が気をつけなきゃいけないっていうことになりますねはいえーメカニズムについてもね今回はね説明しなかったんですけどまぁこれはこれでいいんじゃないかなという風に思いますねはいまぁ一言で言うならここに書いたように痛い頭体異常ということになってしまいますんで気をつけましょうでまぁこれを避けたらいいっていう本でもなくこれを避けれなかったら駄目っていうものでもないのでまぁ目安に思っておいたらいいんじゃないかなということですね今回のみつお結構バランスを取れてすねジャンルも違う添加物を紹介できたのでそういう意味ではある程度バランスが取れた時気になったんじゃないかなと個人的に思っていますけど ママ色々考え方がありますんでね添加物に関するですね色々難しい意見もねあったりしますのであまり気にしすぎはよくないよということですね今回は終わらせていただきますありがとうございました 

お問い合わせ  プライバシーポリシー