インフルエンザ予防のアルコール消毒は無駄!?☆

f:id:marumenm18:20191008231944p:plain

<アルコール消毒の有効性実験>

今回はライトテーマです。

少しずつ涼しい日が増えてきました。

インフルエンザが随分と早い時期に流行しだしたそうですね。

私はインフルエンザになったことはないのですが、

一応マスクを買いました。

マスクでは ウィルスを防ぐことは出来ませんが、

喉を保湿することが一番の目的です。

あとは口元を乾燥から守ってくれるのもメリットですね。

 

さておき

公共施設や飲食店・スーパーのトイレにアルコール消毒のボトルが置いてありますが

これってインフルエンザ対策に

どのくらい有効

なんでしょうか?

 

実は粘液(唾液)の特性に注目した最新の研究では、

インフルエンザウイルスが唾液によって保護されてしまうため、

アルコール消毒ではほとんど死ななくなってしまう

ということが報告されたのです。

 

<唾液による消毒作用の阻害効果を調べた研究>

https://msphere.asm.org/content/4/5/e00474-19

 

基本知識として、

エタノールベースの消毒剤(EBD)と消毒手洗い(AHW)を使用した手指消毒(AHR)は、

インフルエンザAウイルス(IAV)の発生を防ぐとされています。

もともと、「体液中の有機物がエタノールの消毒作用を弱めてしまう」ことが確認されているので、

医療現場ではこれらを踏まえての基準をクリアした消毒剤が使用されています。

しかし、接触感染や飛沫感染を媒介するだ液などの「感染性粘液の物理的特性」に目を向けた研究はこれまで存在しなかったんですね。

 

要するに今までの消毒液は

唾液がウィルスを守ってしまうことを

計算に入れていなかった

ということです。

この研究によると、

52人のインフルエンザ患者の唾液を使って消毒実験を行った結果

 

ウィルスを含む唾液が付着している状態でアルコール消毒をしても、

ウィルスが付着した体液は体表に残り、

感染リスクは残ってしまう

 

という事がわかりました。

ただし、

唾液が完全に乾いてる状態や、

アルコール消毒前に手洗いをしているなら

アルコール消毒は有効とのこと!

 

つまりアルコール消毒自体は

インフルエンザ対策にとって完全に有効とはいい難いという結果であり、

手洗い(石鹸ならなおよし)をしっかりすること

の優先度の方が遥かに高い

という訳です。

アルコールのポンプにウィルスが付着している可能性を考えますと、

しっかりとした手洗いを心掛けたほうが良さそうですね。

 

【駄文】以下はブログの一貫性を保つ目的で音声入力無編集で感想を残していてます。読み飛ばし推奨。

 

はいここからは音声入力無編集で今回のですね記事の感想を残しておきますもうこうすることですね他の記事との関連性とかも話せますしこのブログ自体のですねま信憑性について読者に判断してもらうための材料になると思っていますはい今回はインフルエンザのですねアルコール消毒はどれぐらい有効性があるのかっていうことですねちょうどコロナウイルスなどがですね年明けに流行りだしてですねまああの世間的な注目も集まってると思いますさてインフルエンザにね関してなんですけどこれはですねあまりそのアルコール消毒は効かないということが分かったということですねむしろやっぱりあの手洗いはしっかりするのはいいんやけどその後のアルコール消毒はそこまで過信しない方がいいということになりますので例えばの手でプッシュするタイプの絵とそういうタイプのアルコール消毒があった場合はそのプッシュするとこを触らなきゃいけなくなりますからね蛇口が自動センサーで蛇口で水洗いができてですねま石鹸とかもですね自動で出てくるタイプのものでしたらその大抵の場合アルコールの所だけなんか触らなきゃいけなかったりする場合がありますしそういう場合だったら私の場合はあの日書いとこうかなという風に思ってはいますもちろんあの手洗いに有効性はですねインフルエンザ以外にも風もそうですしコロナウイルスに対してもね基本的には有効ですにされてますので手洗いをしっかりするということはとても大事だよっていうことでただアルコール消毒の力を過信してはいけませんよという風になっていますねはいさあーあの基本的にはその頃から免疫力高めとこっていうのは一般的な感じでね手間部屋の加湿もですね私の立場としては有効であると思いますはいまあ加湿器効かないよっていうようなね意見もね聞きますけどそれはまあの治療までの時間は短くならなかったという研究があるだけですね加湿してる状態あとコロナウイルスにも関してもですねえウイルスの数が減るっていうことがですね元気に出てますね湿度が高ければ高いほどいいという風になっていますので高ければと容疑者ですけど湿度20°よりも湿度80°の方が明らかに言うんですねウイルスが少ないとよねウイルスの感染率が低いという元気が出てますので加湿器も基本的には有効だと考えていいでしょうまあその上でやはり手洗いをしっかりするというのが基本になってくると思いますねはい帰ってきたら手洗いっていう風にいつでもし君も暇があったら手洗っていう風にやった方がいいんじゃないでしょうかインフルエンザはねメインにねあの取り上げてる内容ではあるので基本的にはインフルエンザウィルスにたいするね感染予防などね考えていかなきゃいけないですね受験生の方とかは今大変な時期だったりするでしょうしはいあちなみにですねこの感想書いてるのはですねと2020年の2月になりますねはいちょっと期間空いたんですけどちょっと考えてから見直してね記録した方がいいんじゃないかなと思っていますはいもうこのしばらくした後にですね歌詞付き聞くのっていう記事を載せたと思って思いますのでそっちように興味ある人は見てもらったらいいんじゃないかなと思っていますねはいさてとコロナウイルスなどはですねかなり色々とごお騒がれていはいるんですけれども日本の方ではですねきちんとした要望をねすね昔からインフルエンザ予防に関したにしては高いのでそれと同様の要望をしっかりしてですねな社会的にもねインフルエンザじゃないと同様にですねコロナウイルス予防に関して動いたらですねそこまで酷い状況にはならないんじゃないいいかなという風に思っておりますねはいもう一時期のサーズよりもですねはるかにあのも広がってしまってるというような話を聞いてますから気になることでたら日本に影響ありそうなのは東京オリンピックぐらいじゃないかなと思ったりはしていますねはいまあ手洗いうがいをしっかりするということですねで石鹸でもしっかり洗うっていうことでその場合聞かないよっていうのはありますけど待ってをしっかりね洗ってないもんねしっかりしてねもうついでに買うとかもちゃんと洗ってしまったですね しっかりしてたですねウィルスが出さんどこかについていたとしてもですね流されてしまうという風になったですね少なくとも粘膜から入ってくるってことは年内と思いますので特に気にするのはやっぱり体とかに実はついているものがですねちょっとね口を噛んあのね解体屋とかですね何か食べたりした時にですねま様子に口から入って感染するっていうパターンが一番多いっていうことだね出てますのでそれに関して気をつけていくということですねも基本的にはマスク自体はですねウイルスの侵入を止めるというよりはですねまあのどとかのですね湿度をねある程度一定に保つで意味があってやっぱり質等に関してはですね日テレを評価すべきだなと私は思っています以上です

 

 

お問い合わせ  プライバシーポリシー