科学的に示唆されたアニマルセラピーの効果~最新の実例研究~

f:id:marumenm18:20190723152936p:plain

<動物との触れ合いは脳にどんな影響を与えているのか>

アニマルセラピーって聞いたことありませんか?

動物と触れ合うことで精神が癒やされ、

治療が促進されるというあれです。

鬱病の人が犬を飼いだしたら症状が改善した

みたいな話も聞きますね。

 

でも動物が苦手という人もいますし、

「個人の感想じゃなくて、

 はっきりとしたデータはないのかな?」

と思ったことはありませんか?

 

 

そんな訳で今回は、

『動物と関わることで

 脳にどんなことが起きているのか』

脳科学の最新の研究を取り上げます。

 

<ストレス軽減効果を調べた研究>

https://journals.sagepub.com/doi/10.1177/2332858419852592

発表年:2019年

機関 :ワシントン州立大学

対象 :249人の学生

方法 :4つのグループに分け、

    唾液に含まれるコレチゾールの変化を調べた。

   ※コレチゾールはストレスによって放出されることが知られていて、

    ストレスレベルの重要な指標になるものです。

グループ:

   ・10分間、動物と触れ合ったグループ

   ・10分間、別の学生が動物たちと遊ぶ姿を見るグループ

   ・10分間、動物の画像のスライドショーをみるグループ

   ・「もうすぐ動物と会えますよ」とだけ言われて10分間放置されたグループ

 

結果 :動物と触れ合ったグループは他に比べ、

    明らかに優位にコレチゾールの値が減っていた。

 

 

僅か10分の動物たちとの触れ合いが、

学生たちのストレスレベルを下げていることが分かったんです。

アニマルセラピーの効果を裏付ける、

貴重な研究結果と言えるでしょう。

 

<幸福ホルモンの分泌について調べた研究>

https://theconversation.com/therapy-dogs-can-help-reduce-student-stress-anxiety-and-improve-school-attendance-93073

発表年:2019年

機関 :ビエナ大学

セラピードッグの効果を調べた研究でも、

コレチゾールの軽減効果は報告されていました。

ここで挙げられたもう一つの効果は

 

動物との関わりは

幸福感を感じるホルモンである

「オキシトシン」を分泌させる

というものです。

オキシトシンは他人とスキンシップをとることによって分泌されるのですが、

これが動物相手でも成立するということですね。

しかも動物の場合でも、

双方にオキシトシンが分泌されるので、

互いにとって幸福な関係を築くことができるといえるでしょう。

 

<まとめ>

動物との触れ合いは

たとえ短時間であっても

・ストレスを軽減させ

・幸福感を高めてくれる

 

皆さんも、

動物と接する機会を増やしてみてはどうでしょうか?

 

 

【駄文】以下はブログの一貫性を保つ目的で音声入力無編集で感想を残していてます。読み飛ばし推奨。

 

はいここからは記事の感想を無編集音声入力で 記録していくスペースになります一応これをしながらですね他の記事との関連性や主観的な意見も混ぜておくことで他のブログ知識神経のブログとして知識発信型のブログとして一貫性の担保とですねそれから読んだ読者の方の判断材料のひとつとしてもらうことが目的ですあまりに鵜呑みにしすぎるって言うので基本的には危険だと考えてますもうあの5時とかもそのまま残しておくので残してるので読みにくいと思いますが基本的にはもう読まなくていい場所ですねはいではですね本店に行きますけど今回はですね科学的に証明されたアニマルセラピーとの交換とね最新の研究という風に言ってます今最初の研究と言ってま2019年の限定ですのでまた変わっていく可能性ありますよということですねはい今回のね元気様ですね要するに動物と触れ合うことによってストレスが軽減されたかなっていうような形でねそれからですね動物と触れ合うなくても通すので動画ですねまスライドショーを見ることによってストレスが軽減されたかなっていう風なことを調べてますまあこれエチゾールが一つのねあの基本的には判断材料になっていますでまぁその直接的なものとは違うんですけども少なくとも相関関係はあるだろうということでオキシトシンとですねこれ地図居るんですね寒気がですね説明した兄弟のが今回紹介した記事になっていますね普通にですねストレスに関してはストレス軽減効果っていうのですねここにある研究以外の研究でも食べ食べ方をされていますもう少し後からですね犬の餌を買うことによる幸福感ね人生の満足度とかの音変化に関しての記事を書く書いてますけれどそうですね今回は動物全体でいいということですね実際に動物と触れ合うなくてもいいというところは結構な歌のポイントが高いんじゃないかなということになっていますそういえばですななの学生を対象ではなくて色んな人種だとかそういう年齢だとかそういうのを散らしてもう1回の大規模の研究をして欲しいですけどこれなんか学生ですからね基本的にその一人暮らししてる学生である可能性が高いとかなとそういう傾向があると思うんですねちょっと偏りはあるのでもう1回やってほしい近畿ではあるんですけどやっぱりあの実際の動物と触れ合いはなくてもですね画像とか見るだけでもストレス軽減されたっていうことでありまん猫動画とかですね動画の音ヒットのジャンルになるのと同じですねやっぱりなんか癒しっていう言葉でね一括りにされることはあるんですけどな幸福感を高めてストレスを軽減してくれるということがですね動物の動画にあるって言う風に言われていますもっと発展していってくださいどんな動物がとかいうこともあると思うんですねと思えば気の多い動物の方がいいとかですね小さいと思われてる動物の方がいいとか大きい動物の方がいいとか4足歩行の方がいいよとか色々あると思うんでこの研究はもうちょっと進めていってくれたら面白いんじゃないかなっていうことですね今回あの書いてある内容に関してはまあちょっととりあげてみたということで科学的な根拠が走ってあるよっていうほどのものではないという風に思っていますけれどもその様子に関してのですねまあ証明されたと示唆されたという風に言うことが言えるんじゃないかなと思います ただ個人的にはそうですねそのペットショップとかいう文化は個人的には反対してる文化ですのでその辺ちょっと難しいところかなとは思いますけれども売るためのペットを作っても見世物にしてる形になっちゃってるのでペットショップの軍歌って個人的には良くないですねあのあそこあれでこそのケースに入ってる動物の裏でものすごい数の動物が死んでいますしまあその飼いやすいように改良されてるって言うのは大事ですしその乳を続けていくっていうのもね確かに意味があることだと思うんですよね買いにくいベッド買った場合に結局捨てることになったりですねする場合がありますのでそういう場合ためにその人間が飼いやすいペットを作るてる非常にエコなことではあるんですけど確かに人間にとって乗りにはなってると思うんですけどそれを加味したとしてもですねやはりちょっとあのテッドをそのまま見せて売るっていう形なんですね日本の日本だけではないと思うんですけどかなり独特の文化だと思いますねペットショップペット用品だけを打ってればいいんじゃないかなと個人的には思っています動物の愛護団体とかはどう思ってるんかなっていうふうに思いますねなんかね動物に関しては本当に何か欲しい人に届くような仕組みがちゃんと作られたらいいと思うんですけどそこはもう難しいでしょうねきっとね現象とかの粘土を打つをもらってくるとかもありますけどもう1回野生化した動物ってねあの海に来いって言うのに確かにその通りだと思うんですよだからペットショップのペットにものすごい関税をかけるところはありかなと思ったりしますねまあでもその場合は雨でもそれはかなりありなのかもしれないなこの個人での授業を始める人が増えてしまって体のあるかもしれませんけどそこは法律で取り締まることができるんじゃないかと思うのでそうですねやっぱり短歌お金を動物を直接売ることに関しては高い税金をもっとかけるほうがいい方向なのかなとも個人的に思ったりするけどもうちょっと詳しくはないんで分からないんですけどどちらにしろあのちょっとペットショップっていう文化は個人的にはあまり好きではないのでそれを以外の方法ですねそれこそ今回は動画もね OK っていうことがわかりましたのでバンバンって動物の動画を見て癒されてもらったらいいんじゃないかなと思っていますまとまらなくなりますけどまあだいたいこんなもんですありがとうございました

お問い合わせ  プライバシーポリシー