不安や心配をなくす3つの方法

 

f:id:marumenm18:20190723120204p:plain

<不安を吹き飛ばす方法>

今回のテーマは不安のなくし方です。

 

・もっと楽しく生きたいのにすぐに不安にかられてしまって楽しめない

・いつも悩み考えすぎてしまって憂鬱

・些細なことが気になって自己嫌悪

 

といったことはありませんか?

今回は不安や心配の消し方について、

モチベーション紳士さんの動画が投稿されていたので紹介します。


こんなに簡単!不安を吹き飛ばす3つの方法

この方のチャンネルはなかなか良質な動画が揃っていますので、

興味のある方は登録しておくのをおすすめします。

 

先に断っておきますが、

生活に支障が出るレベルの不安性はきちんとした医療機関に相談してくださいね。 

それでは不安を解消するための3つの方法を見ていきましょう。

 

1.不安は自分のせいじゃないことを知る

不安症な方に多いのは、

「なんでこんなに気にしてしまうんだろう」

と自分を攻めてしまうことです。

でもこれ、

あなたのせいじゃありません

 

 なぜなら私達は社会に出るまでの間に

ずっと不安を煽られ続けてきたからです。

子供にいうことを聞かせる方法は

①「〇〇する(もしくはしない)とこんないいことがあるよ」

②「〇〇(もしくはしない)とこんな悪いことがあるよ」

の2通りですが、

子供のことを気遣う大人ほど②をやってしまいがちです。

(例)

「道路に飛び出すと車にひかれるよ」

「勉強をしないと将来困るよ」

 

言ってることはもっともなんですが、

心理的にはこれ、

こどもの不安を掻き立てているんです。

そんな生活が十何年も続けば、

常に不安を感じてしまうのは当然の結果と言えるでしょう。

 

もしあなたが不安症だとしたらそれは

子供の頃に

不安を煽られた回数が多かった

だけの話なんです。

 

そんな訳で

あなたが不安を感じるのは

あなたのせいじゃない

を知っておきましょう。

そうしておくことで、

次からのステップを非常に効率的に行うことが出来るようになります。

 

 2.不安になったら書き留める

そもそも人間が普段感じる不安というものは

実際にはどのくらいの確率で起きてしまうのでしょうか?

 

それを調べた実験に

ロバートリヒ博士の研究があります。

彼の書いた「The Worry Cure」という本によれば

 

人々が感じた心配事の

・85%は全く起きない
・12%自力で回避or解決可能

 

つまり心配ごとの97%は起きないってことですね。

これを元にした本も出ています。

 しかしだからといって

「心配なんて無駄なんだ」

と考えないように努力するのは

逆効果です。

 

大切なのは

体験して実感し

不安に慣れること

 

例えば

飛行機が墜落する確率は

1億分の1とも呼ばれているため、

車などに乗っているよりも遥かに安全と言えます。

しかし

初めて飛行機に乗る人間は

ちょっと機体が揺れただけで

絶対に墜落の恐怖を感じてしまいます

それは数字で安全性をどれだけ説明されても

恐怖を考えないように努力しても

解決するものではありません。

ではどうするのか、

簡単ですね。

何度も飛行機に乗ってしまえば慣れてしまいます。

 

そういう訳で

・心配事や不安が生まれたら必ずメモに記録する。

(振り返りやすい媒体がオススメ)

・一定期間経ってからその心配事が実際に起きたか確かめる。

・同じような不安を過去に感じたか、

 その後どうなったかを含めて見返してみる。

というスパンを繰り返すようにしてみましょう。

 

普段私達は不安を感じますが、

それが起きなかった時は

不安を感じたことも一緒に忘れがちなんです。

上記のスパンを繰り返すことで、

 

「この心配事は起きないんだ」

「この不安は気にするほどのものでもないな」

ということが

実感できるようになるんです。

不安に悩んでいる人は、

まずは日記などから始めてみてください。

 

3.「起こってから心配しよう」と決める

2を繰り返すことで、

不安への耐性が上がって来ていると思います。

あとは、

「例え心配事が起こっても

 起こった時に考えよう」

という心構えを持つことが大事です。

無理に心配しないようにすると逆にその事ばかり考えてしまいますからね。

不安の切り離しを上手くやっていきましょう。

それが難しい人は

1日のうちに心配事をする時間

をあらかじめ確保しておいて、

その時間に心配するようにしましょう。

こうすることで、

突発的な不安を切り離すことが出来るようになっていきます。

 

<まとめ>

今回は動画を参考に

不安の解消方法をまとめました。

内容的には以前に紹介した

メンタルを強くする方法に近かったですね。

 ↓

 

メンタルの問題は誰にでも起こりうる話なので、

またユニークな方法が見つかったら取り上げていきたいですね。

 

【駄文】以下はブログの一貫性を保つ目的で音声入力無編集で感想を残していてます。読み飛ばし推奨。

 

はいここではですね書いた私は後日に記事を読み返して乾燥主観的な意見や他の記事との関連性などをだらだらと述べる内容になります音声入力無編集でやってますので5時もそのままなのでかなり読みにくいと思いますので基本的には読み飛ばし推奨ですねただこれを残しておくこと自体はかなり意味があることだと個人的には思っています一つはこのブログ自体のね言ってることに一貫性が担保できるだろうという風に思っていますねそれからですね読者の選んでくれてる人に関してはですね科学的な正しさっていうものはそれぞれねちゃんと判断して守らなきゃいけないんですけどそれの判断材料になるんじゃないかなと思ったりはしていますはいそんなの気にせずに答えだけ知りたいって言ってみてその数だけ読んでさって帰ってくる人はまあどうせこれもね読んでいないと思うんで特に問題ないかなと思いますので特によね川越的なパスタってやっぱりそれぞれがまず自分において考え直さないといけないことだと思うんで鵜呑みにするのはちょっと違うと思うんですよねはいなのでこのブログでは特定の人の信者みたいな感じですね放送を紹介したりすることもありませんのでご安心下さいでは今回のようにちょっとね行ってみたいと思いますけどねここからの用事たですね個人的に結構に好きな内容になっていますはい不安を吹き飛ばす方法ということなんですけど基本的にはですね人間が不安によってものすごくパフォーマンスを下げられて入れてことねすごく多いってことがねみちゃんと書いてあります人間っていうのも心配事がある子ですね新しい行動にしなくなっちゃう傾向になって逆にですねポイントの状態と海鮮心配事がなくて安心の状態ですね人間は新しいことを知らせていう風になってます体験レッスンですね気持ちをよくしてですね新しい行動にね似合っていく行動力は高めていくにはやっぱり不安の解消てんね大事になってきますので今回紹介したのによね色々考えてもらってもいいですし後も紹介したですねメンタルは強くなるの報道の方がですねんでしたね行動車出すにはいいと思うんでこちらの記事を読んでもらえたらとても嬉しいなとこに的には思っています別に強制はしないんですけどねはいそんなわけですね不安や心配をなくす方法にかかったですけどもそんなにたくさんの方にようなことは基本的にはないんですけど自分の身の回りの人も見ててもそうなんですけど不安によってですねその行動力が下がってるだけじゃなくて判断力もかなり低下してるんですよねまあいわゆるその一番多い場所には保険ですよね保険料ってどれぐらいであってですね実際自分がどうなった時にどれだけのバックがあるって言うねその保険ってどれぐらい適切なのかなっていうふうに考えた時にですねとにかくよくわからんけどどれくらいの倍率かもよくわからんけどこうなったら不安やからその時の安心がとにかく欲しいってこれ押したらとりあえずの運指が手に入れてことで保険に入るデパートの建物ですけど保険の適正額って人によって本当に違うんですよねと例えばその私とかだったらですね生命保険って月々100円であっても価値がないと思っていますはいたそれってその人の価値観に合わせて行う者なんですね不安に関するプロデュースの仕方と言うか私は今の私の価値観に基づいて言うとですね自分が死んだ場合ですね別にその後始末は自分の貯金で今の貯金で何とかなりませんですね死んだからといってですね悲しんでくれる人がいるのは幸せなことかもしれないんですけどお金の面でその人たちが困るっていうことが特に今はありませんので鍵渡しに自分が死んだ所で何の問題もないと思ってんですねだからですね例えば私が死んだら1億円もらえてですね月々100円の積み立てだけでいいですよっていうの保険あったとしても入りませんそれは私にとっての価値を感じないからですねはいそんなわけですねその人の価値観とかですね物事の考え方ですね保険の適正額っての決まってくるわけですねそれなのにですねなぜか社会はですね保険会社が運用していけるための額が適正のものだということですね保険の料金を音設定してるわけですよねここにんですねやってですね要するに保険がですね商売として成り立つためにですね色んな不安を煽ったりですねこうしておけば安心ですよっていう風に言ったりするんですけど実際のその数字で見た時に本当に性格が自分に適切なのかっていうのですね結構数字だけで見るとんですねかなり割 保険という存在になってきますねそれをねしっかり見た方がいいんですよね飛行機が落ちた時に保険が下りるみたいだねめったにおち紐ので心配してですねそれよりはですね普通に歩いてる時の交通事故心配した方が良かった池田とかですねそんな腹ぐらいやったらですねもうちょっと体にいいものを買ったりだとかですね小麦をですね外国産の小麦でなくて国内産の小麦に変えたので買ったほうがいいとかであるわけですね月々のんですね保険料例えば3000円払ってみようとしたですねその3000円ですねもうちょっとですね果物とかもね農薬少ないものとかですね体にいいもの食べたらいいと思いますそれこそ何も買った方がいいですよ月々300円でねその方がですねリスクをね減りますえーっと病気になった時に苦労するという苦労が軽減されるっていうねリスクマネージメントですね病気にねーよそもそもなりにくくするっていうリスクマネージメントだったですね後者の方がはるかに有効であるのにも関わらずですねなぜかよくわからないけど人間っていうのはですね不安に駆られて前者を選びがちなんですよねそんなわけですね基本的にですね不安っていうのがですねあのパフォーマンスを下げるだけじゃなくてですね判断力もものすごく下げてきますのでこれ物凄く気をつけない方が気を付けた方がいいですのでそれだけお伝えしておきますありがとうございました

 

お問い合わせ  プライバシーポリシー