砂糖を一週間やめると何が起こるか?~体に起こる10の変化~

 

f:id:marumenm18:20190617224012p:plain

<誰でもなってる砂糖中毒>

昨日砂糖の影響について取り上げましたが、

私達の体って程度の差はあれ

すでに砂糖中毒になってる

場合が多いんですよね。

 

例えば

・ごはんの後に甘いデザートが食べたくなる

・チョコを1個食べるとついついもう1個と手が伸びてしまう

・おやつの時間は甘いものを食べないと落ち着かない

 

などは

砂糖中毒と言えるでしょう。

 

これってそんなに珍しいことではないんです。

先の研究により、

砂糖自体の

直接的な依存性

は認められませんでしたが、

 報酬系が刺激されることにより、

定期的に砂糖を含んだ食品を求めてしまうのは

これまで学んだとおりです。

 

 

では、

この砂糖中毒は

どうすれば解除されるのかといいますと

1週間

砂糖の入った食品を控えるだけで

大幅に改善される

と言われています。

 

そこで、今回は

1週間砂糖を摂らなかったとき

体に起こる変化

についてまとめました。

 

 

ちなみにパレオな男のパレオさんは、

「パレオダイエットをするなら1ヶ月は砂糖を断つことを覚悟しよう」

と言われていました。

私は頑張って

1ヶ月甘いものを控える生活を送りましたので、

最後にその報告もさせていただきます。

 

<体に起こる短期的な変化>

まずは比較的早くその効果が実感できるもの。

1週間から長くても1ヶ月で効果が出るものです。

砂糖中毒が改善したことにより

体に起きてくる変化がこちら

 

①精神が安定する

 

最初は砂糖が欲しくなってイライラすることがあるかもしれませんが、

徐々にその欲求から解放されるので、

快適に過ごすことが出来るようになります。


うつの症状を改善させるという研究結果も出ていしたね。

 

②頭が冴える

 

こちらも最初の1週間は頭がボーっとするかもしれませんが、

徐々に慣れて脳が高いパフォーマンスを発揮するようになります。

糖分は学ぶ・覚えるという脳の機能を妨げるのはこれまで学んだ通りです。
勉強前に糖分系のお菓子は実はNGだったんです。

 

③肌が若々しくなる


糖分は肌の炎症の原因となるため、

ニキビの形成を抑えることができます。

 

④疲れにくくなる

砂糖による疲労感の増加現象がストップするので、

体も高いパフォーマンスを発揮できるようになります。

詳しくは前回の記事ですね。

 

⑤睡眠の質が上がる

糖分のとりすぎはエネルギー代謝を歪めるため、

徐々に代謝が活発化し、

睡眠サイクルが正しく働くようになります

 

私は①~④が1週間ぐらいで実感できるようになりました。

<体に起こる長期的な変化>

こちらは長期的なもの

完全に砂糖を断つことは難しいですが、

計画的に砂糖の量を調節することが出来るようになった場合、

体に起こる変化です。

 

①痩せる

これについては1ヶ月もあれば効果が出るでしょう。

実際、糖質の制限だけでダイエットに成功したという例は数知れません。

 

②病気のリスク回避

糖尿病・アルツハイマー・膵臓癌のリスクを下げます。

血液・血管の状態改善と、インスリンの働きの正常化によるものが多いです。

悪玉コレステロールを減らす働きもあります。

 

③口臭が改善する

これは早い人は1週間でも効果が実感できるようです。

バクテリアの栄養源は糖分ですから、

口臭改善は比較的早く効果が出るかもしれません。

 

④目が良くなる

血管改善により、目の病気のリスクが下がります。

眼精疲労の回復も正常化されます。

 

⑤大きなお金の節約になる

 

医療・食事の両面で大きなお金の節約になります。

 

<1ヶ月砂糖を控えてみて>

完全に砂糖を断つことは難しいですが、

甘いおやつ、味付けに砂糖を使った料理などを食べずに過ごしました。

結果

 

2週間経った頃から、

・間食で甘いものが欲しくなくなり

・甘いデザートに心が揺らぐこともなくなり

・ご飯が美味しく食べられるようになりました。

 

甘いものは今食べても美味しく感じますが、

すぐに甘いものが欲しくてソワソワすることはなくなりました

う~ん、この感覚はなってみないと分からないかもしれませんが…

一週間の砂糖断ち

急には無理なら

少しずつでも始めて見るのを強くオススメします。

 

<砂糖断ちのために準備しておきたいアイテム>

一ヶ月の砂糖断ちのために

私が用意したアイテムたちです。

『 ケニア産 浅煎り珈琲豆』

以前取り上げた

 高フェノールコーヒー

を飲む習慣をつけるようにしました。

良いコーヒーを昼過ぎに飲み、

香り高さを味わうことで、

甘いものが欲しくなることはありませんでした。

 

『ファインラボ ホエイプロテイン』

 朝に軽い運動をして、

プロテインを飲むようにしました。

タンパク質をしっかり摂取することで、

空腹感を軽減してくれます。

 脂肪燃焼効果もあるので一石二鳥ですね。

 

 『バニラエッセンス』

どうしても甘いものが食べたいという欲求が生まれてしまった場合は

これを活用しました。

人間の嗅覚は長時間の刺激に対応していないので、

 強めの甘い匂いを嗅ぐと、

甘いものへの欲求が収まることがあるんですよね。

私は珈琲・紅茶・プロテインなどに

バニラを垂らして乗り切りました。

値段もお手頃なのでオススメ♪

 

他には、

アボカド

ブルーベリー

など 糖質の少ないフルーツを冷凍で用意しておきました。 

皆さんも万全の準備をして臨んでください。

 

<参考動画>

最後に参考動画を2つ載せておきます。

気になる方はどうぞ。

 

フェルミ研究所さん


【衝撃】1週間砂糖抜きの生活をしたらどうなるのか?

 

☆タイムテーブル☆

ピンポイントでチェックしたい人用です

0010

好きな食べ物は?

その食べ物って砂糖だよ

今日は砂糖を抜いたらどうなるかのお話

0040
依存しなくなる
依存性の話
ラットの実験
まるごとバナナに気をつけよう

出費を抑えることが出来る

0130
1.精神が安定する

砂糖が欲しくなってイライラする
欲求が減るので快適
うつの症状を改善させる研究結果もある

0220
2.糖尿病から脱却

糖尿病患者は年々増えている
原因は砂糖のとり過ぎ
自分を振り返るチャンスになる。

0300
3.痩せる
1ヶ月の中で痩せた人の話
81→77キロ
コレステロール8%現象

0340
4.頭が冴える
最初の1週間は頭がボーっとするかも
甘いものを食べ過ぎると頭が働かなくなる
砂糖をとった後に勉強に集中するのは難しい

人の体質は色々
完全に断つことを推奨してはいない

 

 

ブライドサイドさん


1週間、糖分を摂らなかったら?

☆タイムテーブル☆

ピンポイントでチェックしたい人用です

糖分を1週間経つとどうなるか?
糖分のとりすぎは体調に良くない
糖分は脂肪より危険?

1週間一切取らなくなるとどうなる?

甘いお菓子を食べずにいるとどうなる?

0108
糖分中毒を克服できる
マウスの実験
コカイン中毒のマウスはコカインより砂糖を選んだ

糖分の魔の手を振り切ると…

0155
口臭が改善する
バクテリアの栄養源は糖分
糖分は肺の病気の原因にもなる

0240
3.脳の機能を活性化
糖分は学ぶ・覚えるという脳の機能を妨げる
勉強前に糖分系のお菓子はNG

0300
4.アルツハイマー病のリスクが減少
糖分を大量に取ると危険

0330
5.肌が若々しくなる
ニキビの形成を抑える
糖分は炎症の原因

0400
6.心臓をハートフルにする
インスリン値が下がるので血圧や心拍数が下がる
脳卒中などのリスクも下がる

0445
7.悪玉コレステロールの数が減る
血管の健康状態改善

0500
8.気分が落ち込みにくくなる
甘いものへの欲求が減る
鬱になりにくくなる。

0540
9.睡眠の質が上がる
糖分のとりすぎはエネルギー代謝を歪める
最初は辛いけどなれると昼夜のサイクルがバランス良くなる

0620
10.糖尿病のリスクを下げる
インスリンの値を下げます。

0645
11.癌のリスクが下がる
膵臓がんの話

0710
12.視力が良くなる
血管改善により、目の病気のリスクが下がる

0740
13.すばやく減量できる
膵臓に負荷をかけなくなるので、
代謝が進む

0812
14.医者にかかる回数が減る

0850
15.大きなお金の節約になる
ここまでのポイントを総括すればそういうこと。
世界が広がります。

 

お問い合わせ  プライバシーポリシー