男女で違うSNSの悪影響【メリットとデメリット】

 

f:id:marumenm18:20191028153906p:plain

<SNSの影響>

 

本日はSNSが与える影響についてのお話

 

SNSとは「ソーシャルネットワークサービス」のことですね。

ツイッターやフェイスブック、ラインなんかのことです。

 

これらの研究は

アメリカやヨーロッパで度々報告されています。

 

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/da.22466

『若年層のSNSとうつ病の関係』

 

https://jandonline.org/article/S2212-2672(16)30110-1/abstract

『若年成人のSNSと摂食障害』

 

両方ともアメリカの研究ですが、

SNSによって引き起こされる

うつ病リスクは

1.7倍

摂食障害のリスクは

2.2倍

と報告されています。

 

もちろん

デメリットだけではなくて、

 

https://www.rsph.org.uk/

『SNSの種類とメリット・デメリット』

 対象:14〜24才の男女1,479人

自己表現の場としての役割

メンタルヘルスの効果

なども認められるという報告があったりします。

 

そして今回はこのSNSの影響について、

男女で違いが出てくる

という研究が発表されていたので取り上げます。

 

<男女で違う悪影響>

イギリス教育省から資金提供を受け、

ロンドンの小児保健研究所のチームが行った研究です。

https://www.thelancet.com/journals/lanchi/article/PIIS2352-4642(19)30186-5/fulltext

『ソーシャルメディアの使用が英国の若者の精神的健康と幸福に及ぼす影響を

 仲介する際のネットいじめ、睡眠、身体活動の役割:縦断的データの二次分析』

対象:イギリスの1万2866人の若者を

   13歳から16歳にかけて縦断的に調査したデータ

内容:SNSが若者の将来的な精神的不健康に与える影響を調べたもの

結果:

   ・女子が精神的に不健康だと判定されたことについては、
    睡眠障害や運動不足、オンライン上でのいじめ

    受けたことなどが原因だと考えられる。

   ・男子にはそのような要因の原因がみられなかった

   ・男女の差が見られた理由に関しては不明。

 

 という結果でした。

 文化的な違いもあるでしょうが、

 日本でのデータも出てきたら比べてみたいですね。

 

この結果を受けて研究チームでは、

「SNSが精神的健康に害を与えるとは言えないが、

 精神に良い影響を与える要因を阻害している可能性がある」

としています。

最終的は

『健康的なアクティビティを奨励する』

とのこと。

SNSに熱中しすぎるのは本当に避けたほうがいいですね。

私は集中力を乱されないように、

SNSをやる時間は決めています。↓関連

 

みなさんもSNSとの良い距離を心掛けてくださいね。

 

 

【駄文】以降は音声入力無編集で感想を残していてます。読み飛ばし推奨です。

 

はいここからは音声入力を使って感想や他の記事との関連性などを無編集で残しておきますこうすることで生地全体の方向性に一貫性を持たせることができるんじゃないかなと思っていますので基本は読まなくていいです特に知識発信型のブログやまそれこそ動画などではですね例えば発信した日付を書いていなかったりだとかいつの情報かよく分からない状態で見てる人が見ていて勘違いされるみたいなこともよくありますけど知識発信系は状況によっては鵜呑みにされてしまう危険性があったりまたそれなりの牽引性を持ってきてしまった場合に割高な商品や危険性の高い商品を売り出したりといった流れが粗酒通すで見られますそんなわけでですねここでですね他の記事との関連性などをね書いておいたりだとかあとは書いた私の生の声を残しておくことである程度の脱線と言うか変な方向に向かってしまうというものをセーブできるのではないかなと思っていますそれでは本部に行っていましょうか今回は SNS の弊害についてなんですけどこれで男女がですね受ける影響が変わってくるかもしれないよという研究の報告ですねを取り上げましたということですねこちらはまあ化学系のその記事とか2年乗ってたんですけどもまあ若年層の SNS とうつ病の関係っていうものとも若年成人の SNS と摂食障害とマリモうつ病のうつ症状とか摂食障害にとって何で引き起こされるかっていうことなんですけど SNS によって引き起こされるねリスクはですねま非常に高くなるって言う事なんですけどはいこれがですねまあ男女によって変わってくるかもしれないなっていうことは今回ですね海で今回ね大きいものは SNS の種類とメリットデメリットっていうことですね1500人近いねまあ成人まあ成人っていうか15歳とかもね入ってるんですけどま若者ですね若者の男女に見たところですね一応ですね SNS のメリットとしては自己表現の場としてですねいい活躍があるよっていうこととかあとメンタルヘルス効果についていって認められたよっていうことなんですけどもうこれで男女で違いが出ているんだよっていう研究がですね今回寝取りやったらされたつまりマン SNS 自体に良いとこも悪いところも読むでいっぱい報告されたしその場合リーバイスで5倍率もかなりのものやとニュースに関係性が高いだろうと相関関係がだいぶあるんやろうって言われたところに実はダンスですね影響は違うんじゃないのっていうところが入ってきますではてのが今回の記事主題ですねはい内容としてはですねえーまぁそのまま読んでも分かりにくいんですけどお休みに SNS を使うことによって若者ですね精神精神的な健康ですねどういう風に影響を与えるかというものを調べたんですけどここでんですねまあ SNS ですね精神的に不健康と判断される事っていうものに関してですねそれに耐えて戦場ではない要因の原因がですねえっとね男子では見られなかったんやけどどうしてはそこからの影響がね強く見られたということになってますこれつまりませんですの特性とユーリは四人男女の特性であるというふうに考えたほうがいいとまああの女性の方がまるまるになりがちとかは男性の方がマルマンの苦手とかそういう話は基本的には何でしょう完全に真に受けてはいけないんですけど市場としてそういうふうに方向性が決められているのでそういう意味ではその市場自体がそっちをターゲットにして言ってるんだよでものことを気をつけた方がいいですねつまりは男女の差っていうことに関して絶対的なものではないんですけど男子でこういう傾向がある女子で稽古をこういう傾向があるということですねそれをで商売をしてるとうちはそういう風にターゲットを絞っていくので言ったら女性服が安くなってて男性服が高くなってたりするのもそういう傾向がに要するに企業側がコミットして売り出してるかっていうことになってきますので世の中がそういうふうに動いていると SNS の影響に関しても男女でねだいぶ買ってきてますのでそれこそ SNS 中毒みたいになってしまうサービスですねそれを狙ったサービスで弱ったところになんか特定の商品を売り出したい見たいのですねサービスがある場合はそれはおそらく男性よりも女性をターゲットにしていくんじゃないかなという事で女性の方が総合的に気を付けた方がいいよということになるんじゃないかなと思いますだからも女性にそういう傾向があることとそれを受けて企業側はそれをターゲットにしてることというのは27円からやっぱりそれは女性の方が SNS の悪影響に関した気をつけた方がいいやろうっていうことがまあ言えるんじゃないかなと思っていますかいですね基本的に SNS 自体はですね私がここにねお風呂を書いてるのもね自己表現の場のひとつであるんですけどこういう風に表現の場としてねかなりねいうような形になっていると思いますのでいい感じ痔にいいね自分で使って距離感を測ってきたらいいんじゃないかなと思いますねまあこのブログではですね全体的に SNS の危険性に関してに発生することが多いんですけどなアクティビティを高めたりだねあと想像力ですねクリエイティビティを高めたりするのにですね私も結構使ってるのでそういった記事が何でできたらまた取り上げたいなとは思っていますね実際に SNS がなかったですねここまでいろんなことが知ることができなかったですし逆に何かこう牽引性のあるねものが発信する情報に関して彼が科学的に正しいんだって勘違いしたままのものもねだいぶあったと思うのでその意味では先生の音発達による影響は多いんで大きいのでなので悪影響を気をつけたのを恐れてですねまあそれを禁止するて長いじゃなくてちゃんと乗りこなせるようになりたいもんですねはい私はまだなかなか形の離婚してないんですけどもカウンター戦士的なのでこの辺でありがとうございました            

 

お問い合わせ  プライバシーポリシー